仲介と買取 それぞれの土地売却のメリット・デメリット

query_builder 2022/05/09
高く売りたい
kaitori

こんにちは。

西山口不動産の鈴木です。


今回は仲介と買取における土地売却のメリット・デメリットをお話しします。


仲介では土地売買にあたり、不動産屋が文字通り仲介(売主様と買主様の間に入り、土地売買のお手伝い)をして、土地を売却する方法です。

金額を決めて売り出すことにより、買い手を探すため、売り出しから売買成立までに時間がかかることがあります。

その反面、相場の金額前後で売れることが多いのが仲介による売却のメリットとなります。



買取は不動産屋が売主様より直接買い取ることとなります。

基本的には不動産屋から買取金額を提示され、売却するかどうかの判断をしていくこととなります。


売り出して買い手を探していくことがない為、すぐに現金化できるのが買取のメリットです。


買い取った不動産屋はその後、宅地分譲をしたり、建物を建てて建売で売り出していくこととなるため、不動産屋へ売る金額は相場よりも安くなります。

その点は買取による土地売却のデメリットとなります。



それぞれにメリット、デメリットがありますので、


所有者様にとって、どちらがメリットが大きいか。


をしっかりと導き出せる不動産屋を選ぶことが大切になります。



西山口不動産では様々な角度から、お持ちの大切な不動産への提案を無料でさせていただいています。

お気軽にお問合せください。


----------------------------------------------------------------------

すずめ不動産

住所:静岡県袋井市大門10-4

電話番号:0538-43-0075

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG